最速154キロ「大谷2世」、2戦目は登板せず夏終わる

[PR]

(14日、高校野球岩手大会 西和賀3―2大船渡)

 初戦で自己最速の154キロをマークし「大谷2世」とも言われる大船渡の佐々木朗希(ろうき2年)の夏が終わった。西和賀との3回戦で1番中堅で出場したがマウンドに上ることはなく、チームは2―3で逆転負けを喫した。

 身長189センチの長身から繰り出す150キロ超の速球を武器に初戦で先発し、11三振を奪って、チームの勝利に貢献した。この日は三回2死から敵失で出塁し先取点の足がかりを作ったものの、初戦の完投の疲れがあり、登板機会はなかった。

 佐々木投手は「先輩と野球できなくなるのはすごくさみしいですけれど、この悔しさを持って帰って来年必ず甲子園にいきたい」と語った。=岩手県