[PR]

 猛暑の中、愛知・ドルフィンズアリーナで続く大相撲名古屋場所。14日の7日目、力士たちから、土俵上も「暑い」との声が相次いだ。実は空調機器が不具合を起こしていたのだ。

 「きょう、めっちゃ暑くないですか? (土俵下の)審判部の方が汗だくになっていましたよ」(松鳳山)

 「手がすべってすべって」(阿炎)

 「汗でべちゃべちゃ。おっつけてもすぐ滑る。きょうは特に暑かった」(魁聖)

 名古屋市の最高気温は37・5度。そんな日に、土俵のあるアリーナの空調機の一部が作動していなかったのだという。日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「体調不良を起こした方がいるとは、今の時点では聞いていない」と話したが、全取組終了後に緊急措置を行い、すべての空調から冷風が出るように修復したという。当面は担当者をおいて、新たな不具合に備える。

 名古屋場所を巡っては、力士の入場を待つファンが熱中症にかかる例が相次いだことから、力士の入り口をこの日から関係者しか使わないルートに変更していた。