窪田正孝さんが「ヒモ」役 「人と関わりたくなかった」

有料会員記事

聞き手・湊彬子
[PR]

 28日に始まる連続ドラマ「ヒモメン」(朝日系、土曜夜11時15分)で主演を務める窪田正孝さん(29)。演じる碑文谷翔(ひもんやしょう)は、看護師の彼女・春日(かすが)ゆり子(川口春奈)の部屋に転がり込み、働かないことに全力を尽くす。自身の生活の危機とも直結するゆり子のピンチには徹底的に立ち向かっていく。「すごく楽しみ」というこの役への思いや、今後10年の目標などを聞かせてもらった。

 ――「働き方改革」が言われる世の中ですが、今作の主人公・翔は働かない選択をした人です。

 貫き通してきたというのはすごいことかなと思いますよ。その分、敵もいたろうし、波風もあったと思います。それでも貫き通して生きるんだって言うのなら、それは、ある種の筋が通っているのかなと思います。ダメだけど、ヒモメンって(笑)。そこに焦点をあてることが楽しいです。お金じゃない幸せというのも教えてくれるヒーローかなと思ったりもしますね。

 メッセージを込めてしっかり…

この記事は有料会員記事です。残り1293文字有料会員になると続きをお読みいただけます。