【動画】記者会見場にフランスの選手たちが乱入し、ディディエ・デシャン監督を手荒く祝福した
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝で、クロアチアを破って20年ぶりに優勝したフランスの選手たちが、試合後の記者会見に乱入し、チームを優勝に導いたディディエ・デシャン監督を手荒く祝福した。

 会見に先立ち、デシャン監督が国際サッカー連盟(FIFA)のボバン事務総長代理から記念のプレートを受けとった。元クロアチア代表のボバン氏が「私にとってはとても痛みが大きいんだけど」と言い、記念撮影が終わると、十数人の選手たちが乱入してきた。

 選手たちは、「ディディエ・デシャン、ディディエ・デシャン……」と歌いながら、シャンパンをデシャン監督に浴びせかけた。シャンパンがなくなると、今度は会見場に置いてある水や清涼飲料水。デシャン監督はずぶぬれになった。

 デシャン監督は会見中に「まだ、におうよ。気持ち悪い……」とぼそっとつぶやきながら、満足そうな顔で「チャンピオンになったということは、フランスが他のチームよりも良かったということ。選手たちを誇りに思う」と喜んだ。(河野正樹

関連ニュース