[PR]

 タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められた少年12人とサッカーコーチが無事救出されて17日で1週間。入院している少年らは順調に回復し、近く退院する予定だ。だが一歩間違えば、救出は失敗に終わったと救助関係者は証言した。

 「洞窟に入ると、急に水が中に流れ込み、奥に逃げたようだ」。少年の一人、チャニン・ウィブンロンルアン君(11)の父タナウットさんは15日、チャニン君から聞いた話として朝日新聞にこう話した。

 6月23日、少年らはコーチのエーカポン・チャンタォンさん(25)と洞窟に入った。雨期に入るのは初めてで、突然の雨水の流入は予期していなかったようだ。

 コーチの指示でみんなで地面を掘り、その土で壁をつくって水を食い止めようとしたが追いつかず、奥に行くしかなかった。「食べ物は、何人かの子どもたちのポケットにあった菓子だけだった」とタナウットさんは語る。少年らはなるべく動かないようにし、菓子を分け合った。

 7月2日、捜索に参加した英国人ダイバーが洞窟の入り口から5キロ奥で少年らを発見。だが、水に満たされた洞窟からの救出は極めて困難だった。救助作戦を指揮した前チェンライ県知事のナロンサク・オソタナコーン氏は朝日新聞の取材に「最善の時が来るのを待った」と振り返った。

 6日、救助活動に従事していた元タイ海軍特殊部隊員の男性ダイバーが命を落とした。「重い雰囲気のなか、少年らがいる場所の酸素濃度が限界に近い15%まで下がり、決断を迫られた」。雨がさらに降って洞窟の水位が上がれば、少年らがいられる場所は10平方メートルまで狭まるとも予想された。

 幸運にも好天が続き、7日には水位が1日で32センチ下がったが、8日からは3日連続で大雨の予報だった。救助ダイバーらは7日に予行演習をし、ナロンサク氏らは7日夜の幹部会議で「明日から始めるしかない」と決断。1日に救出できるのは4~5人と判断し、少年らの健康状態を基に救出する順番を決めた。

 10日に最後の5人を救出した後、救助隊が救命具などを取りに行くと、洞窟内は水があふれていた。「1日でも遅れたら、最後の5人は出られなかった」とナロンサク氏は振り返る。

 16日、洞窟の前では亡くなっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら