[PR]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)が15日、閉幕した。世界中から100万人以上もの外国人が訪れたとされるビッグイベント。2年後に控える東京五輪・パラリンピックに生かせそうな取り組みも見えた。

 今大会、ファンから好評だったのがロシア国内の交通手段だ。試合のチケットを購入した人には全員「ファンID」という顔写真入りの身分証が発行された。

 ファンIDはビザ代わりになり、入国手続きが簡素化された。各開催都市では「フリーライド(無料乗車)」が導入され、試合の日はバスや地下鉄などがファンIDを見せるだけで無料に。本来は数千円する各都市間の寝台列車も、事前に予約すれば無料で乗車可能。30万人が観戦に利用し、好評を博した。

 ロシアは日本同様、英語が通じにくいと言われるが、タクシーについては、スマホの配車アプリが普及。行き先を指定してタクシーを呼べば、料金も事前に表示され、目的地が自動的に運転手に伝わる仕組みだ。料金も安く、外国人ファンも気軽に利用した。

 大会には約3万5千人のボランティアが参加。17万人を超える応募があり、英語の話せる18歳以上の人たちが国内外から選ばれた。大学生など若者が多く、平均年齢は24歳だった。

 目印は赤いシャツ。会場だけで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも