[PR]

(15日、フランス4―2クロアチア ワールドカップ決勝)

 決勝が今大会を象徴していたように思う。

 前半の3ゴールが示したのは、セットプレーの重要性。フランスは勝利には優れた個と整備された組織の両方が必要なこと、クロアチアは攻守で自ら仕掛けることがいかに大切で心を打つか。そして、最後まで試合に水を差したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)である。

 全64試合の平均得点は2・64で、0―0は1試合のみ。1次リーグから見応えある試合が多かった。

 日本以外にアジア、アフリカから16強に残った国はなかったが、かつて強豪がした、1次リーグでエンジンを温めておいて決勝トーナメントにピークを持っていくような余裕はなくなった。前回王者の1次リーグ敗退は3大会連続。4年前に突出していたドイツですら世代交代を含めた進化を怠れば失速した。

 準決勝を終えた翌日に、興味深い言葉を聞いた。大会を分析するテクニカル・スタディー・グループ(TSG)から出てきた「グアルディオラ・エフェクト(効果)」。W杯に参加していない知将の影響が強く出ているという。

 現在、イングランドのマンチェスター・シティーを率いるグアルディオラ監督は、スペインのバルセロナで2008~12年の4季、ドイツのバイエルン・ミュンヘンで13~16年の3季を指揮した。

 それぞれのクラブの所属選手を中心にしたスペインが10年、ドイツが14年にW杯で優勝。グアルディオラ監督の後を追うようにして王者が生まれている。今大会はイングランドが28年ぶりに4強入りした。

 TSGのロクスブラ氏は「ポゼッションはただボールを保持するのが目的ではなく、攻め崩すためのものでなければならない」と警鐘を鳴らした。グアルディオラが広めたポゼッションサッカーに偏ったドイツは、4年前の成功体験に酔っているように見えた。模倣で終わらず、独自の発想で戦術を発展させ続ける必要性を感じる。

 ポゼッションか、縦への速い攻めかといった二者択一の議論は時代遅れだ。ベルギーやクロアチアのように試合や相手に応じて変化できるチームを作ること。それは今大会で日本が学んだことにも通じている。(潮智史