[PR]

 16日午後11時半ごろ、関西空港発香港行きのエアホンコン205便(エアバスA300型、乗員2人)が、エンジンの不具合で関西空港に着陸した。泉州南広域消防本部によると、同便は貨物機で乗客はいなかった。

 大阪航空局関西空港事務所によると、同機は午後9時40分に関西空港を離陸。鹿児島県上空を飛行中の午後10時半ごろ、乗員が二つあるエンジンのうち片方の不具合を確認し、関西空港に引き返した。乗員にけがはないという。