[PR]

 宣誓

 今日、ここに大会が開会されること、野球ができることに感謝します。

 7月6日、記録的な豪雨が西日本を襲いました。多くの命が失われ、今も被災されている方々もいます。亡くなられた方々に哀悼の意を表します。

 私の地元は(広島市安芸区)矢野です。7日の朝、私が見た景色、矢野が矢野でなくなったように感じました。

 とにかく行動せずにはいられませんでした。その中でどうにもならない無力感も感じました。今なお困難な状況にある仲間もいると思います。

 しかし、私たち一人ひとりにとって、選手権大会は、一回きりのかけがえのないものです。どんな状況も克服し、それを乗り越えて挑戦します。それが野球だから。

 その積み重ねが100回目を迎えました。

 今回は、私たちの成長、私たちの闘う姿を見てもらう大会です。被災された方々に勇気と力を与えられるように全力でプレーします。

 家族、指導者、チームメート、私たちを支えてくれた全ての人々への感謝を胸に、がむしゃらにプレーすることを誓います。

 平成30年7月17日

 広島県立安芸南高等学校野球部主将 田代統惟