[PR]

 フィンランドの首都ヘルシンキで16日に会談したトランプ米大統領とロシアのプーチン大統領は、会談後の記者会見で関係改善をアピールした。米大統領選への介入を否定するプーチン氏にトランプ氏は異議を唱えず、米国の捜査を「魔女狩りだ」と断じた。自らの情報機関よりもロシアの主張を信じる姿勢を示したトランプ氏に、米国では反発の声があがった。

 ロシアによる米大統領選への介入疑惑については、米特別検察官が13日にロシア軍当局者12人を起訴したばかり。だがプーチン氏は「ロシア政府は選挙を含め、米国の内政に一切干渉していないし、今後もしない」と改めて主張した。

 これを受けてトランプ氏も「彼ら(米情報機関)はロシアの仕業だと言う。だがプーチン大統領は今、ロシアじゃないと言った」「ロシアがやる理由は見えない」と擁護した。さらに「プーチン大統領は非常に力強く否定した」とその主張を信じる姿勢を見せた。

 ロシア疑惑の捜査について「世界の二大核保有国の関係に悪影響を及ぼしている。非常にばかげている」とも言い、「(トランプ氏陣営と)ロシアの結託はない」とプーチン氏と話し合ったとも語った。

 トランプ氏は「過去最悪だった米ロ関係は変わった。我々は明るい未来に向けて、一歩を踏み出した」と強調。プーチン氏も「会談を成功と呼べる。会談は米ロ関係の負の状態を正す願いを反映したものだ」と関係改善をアピールした。

 一方で、政策に関する言及は具…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら