[PR]

 2020年東京五輪のチケットの価格帯を20日、大会組織委員会が公表した。競技の最高価格は13万円で、陸上男子100メートル決勝のある時間帯を想定。最低はサッカーなどの2500円で、全体の半分以上を8千円以下にした。開会式は5種類の価格帯を想定し、最高は30万円、最低が1万2千円となった。

 これらの一般販売とは別に、12歳以下の子ども、60歳以上の高齢者、障害者を含めた家族やグループ向けに1人2020円のチケットを、開閉会式を含む全競技で販売。五輪とパラリンピックを合わせて100万人以上の児童、生徒向けに低価格のチケット(五輪は2020円)も用意する。

 チームスポーツを中心とした人気競技では、飲食サービスなどの特典をつけた高額チケットも用意する予定。組織委は「最高額は(開会式の30万より)さらに高くなる可能性がある」と説明。価格にメリハリを付けることによって収益の確保を目指す。12年ロンドン大会では、最高で約65万円の特典付きチケットが販売されたという。

 競技別の価格帯は日本で人気のあるレスリング、柔道、卓球などで過去大会より最高価格を引き上げた。関連イベントの詳細が決まっていないサーフィンは未定。

 組織委は、外部有識者による戦略会議(座長=加納貞彦・早大名誉教授)で4回にわたって議論され、価格帯を決定。18日の国際オリンピック委員会理事会で承認された。パラリンピックのチケット価格は、国際パラリンピック委員会と協議中だ。

 チケットは五輪は19年春、パラリンピックは同年夏から組織委の公式販売サイトで始まる予定。販売サイトから購入する場合は事前にID登録が必要で、9月6日までに登録してプレゼントキャンペーンに応募すると、会場見学ツアーなどが抽選でもらえる。

 組織委は立候補ファイルの時点で五輪で780万枚、パラリンピック230万枚の計1010万枚の販売を見込み、820億円の売り上げを目指している。

東京五輪のチケット価格帯(単位は円、税込み)

 セレモニー  

開会式 1万2千~30万 

閉会式 1万2千~22万 

競技(種目)  

水泳(競泳) 5800~10万8千 

水泳(飛び込み) 3500~3万500 

水泳(AS) 4千~4万5千 

水泳(水球) 3千~1万8千 

水泳(OWS) 3500~5500 

アーチェリー 3千~7千 

陸上 3千~13万 

陸上(マラソン) 2500~6千 

陸上(競歩) チケット販売なし 

バドミントン 4千~4万5千 

野球 4千~6万7500 

ソフトボール 2500~2万5500 

バスケット 3千~10万8千 

バスケット(3人制) 3千~1万8千 

ボクシング 3500~4万5千 

カヌー(スラローム) 3千~1万 

カヌー(スプリント) 3千~9500 

自転車(BMXフリースタイル) 4千~1万 

自転車(BMXレーシング) 3千~1万2500 

自転車(マウンテンバイク) 3500~5千 

自転車(ロード) 3500~5500 

自転車(トラック) 4千~1万4500 

馬術 3千~1万6千 

フェンシング 3千~1万1500 

サッカー 2500~6万7500 

ゴルフ 3千~1万 

体操 4千~7万2千 

体操(新体操) 4千~3万6千 

体操(トランポリン) 5500~1万6千 

ハンドボール 3500~2万 

ホッケー 2500~1万 

柔道 4千~5万4千 

空手 3500~1万2800 

近代五種 2500~4千 

ボート 3千~9500 

ラグビー 2500~25500 

セーリング 3千~5500 

射撃 2500~5500 

スケートボード 4千~1万1500 

スポーツクライミング 3千~1万2500 

サーフィン 未定 

卓球 3500~3万6千 

テコンドー 3千~9500 

テニス 3千~5万4千 

トライアスロン 4千~8千 

バレーボール 4千~8万1500 

バレーボール(ビーチ) 3500~4万5千 

重量挙げ 2500~1万2800 

レスリング 4千~4万5千 

     ◇

ASはアーティスティックスイミング、OWSはオープンウォータースイミング