[PR]

 恐竜時代へタイムスリップ――。VR(仮想現実)の技術を使って、恐竜見物のバスツアーを疑似体験するアトラクション「VR恐竜ツアーズ」があすたむらんど徳島(徳島県板野町那東)にお目見えした。9月2日まで。

 アトラクションは実際にバスに乗り込んで体験する。頭部にゴーグルのような「HMD」(ヘッドマウントディスプレー)を付けると、そこはもう別世界。映像の中でバスが進み出すと、巨大な恐竜が地響きとともに頭上を通り過ぎたり、バスの窓ガラスを壊したり。臨場感と迫力満点のシーンが続く。体験時間は約3分間。

 東京の遊園地としまえんでVRのおばけ屋敷「怨霊廃線」を手がけたVRサービス提供などのダズル(東京)が、あすらむらんどを管理運営するネオビエントなどと共同開発した。ダズルの山田泰央社長(32)は阿南市羽ノ浦町の出身で、「地元を活性化する一助になれば。VRは大きいものを表現しやすいので、巨大なティラノサウルスや首長竜などを子どもたちに楽しんでもらいたい」と話している。

 1度に13人が体験できる。ツアー料500円。問い合わせはあすたむらんど(088・672・7111、http://www.asutamuland.jp/別ウインドウで開きます)。(福家司)