[PR]

 東京都杉並区の肺がん検診でがんを見落とされた40代の女性が、6月に肺がんで死亡していたと17日、区が発表した。区などは同日午後、記者会見し、詳細を明らかにする。

 区によると、女性は河北健診クリニック(杉並区高円寺南4丁目)で今年1月に検診を受け、「異常なし」と判定されたが、4月に呼吸困難などで他院に救急搬送された際、胸部X線などで異常が指摘され、見落としが判明。その後、肺がんと診断されて治療を続けたが、6月に死亡した。

 女性は、14、15年にも同クリニックで職場の成人健診を受け、X線画像に影が出ていたが、これを乳首と誤って認識、「異常なし」と判定されていたという。

 今回の問題を受け、区は同クリニックに対し、2014年9月以降の区肺がん検診に関わるすべての胸部X線画像について調査を要請。対象となる9424件のうち、44件が新たに「要精密検査」となった。同クリニックは該当者に受診するよう連絡している。

 肺がん検診では国の指針に基づき、異なる医師による1次判定と2次判定を実施している。今回の検診は区医師会が委託を受け、同クリニックが実施機関の一つだった。2次判定は区医師会が行ってきたが、検診の対象者が増えたため、14年9月からは同クリニックなど一部で1次、2次判定をともに行っていた。問題を受けて、今年度の同クリニックの区肺がん検診の2次判定は区医師会が行う。

 田中良区長は「あってはならない事故が発生し、大変無念で言葉もない。ご遺族や区民の皆様に深くおわびする。検証組織でチェック体制を検証する」とのコメントを発表した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(青木美希)