[PR]

 西日本豪雨災害の支援の受け付けなどは、以下の通り。

 【東京・大阪にあるアンテナショップ、物産品店】

・東京や大阪にある被災県のアンテナショップなどでは、物産購入や募金を通じて、被災地支援ができる。

東京・銀座の「ひろしまブランドショップTAU」

 日本酒のたるを使った募金箱を置く。プロ野球の広島東洋カープがかつて資金不足に陥った際、球場の入り口にファンの寄付を募るたるが置かれたとのエピソードにちなむ。東京都中央区銀座1の6の10。電話03・5579・9952。

東京都港区の岡山県と鳥取県の共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」

 店内に募金箱を設置。東京都港区新橋1の11の7。電話03・6280・6474。

大阪市にある愛媛県大阪事務所内の物産品ショップ

 募金箱も置いている。大阪市西区江戸堀1の9の1。電話06・6441・2829。

 【被災者の住宅】

・東京都は18~24日、被災者からの都内の都営住宅(170戸)と公社住宅(50戸)の入居申し込みを受け付ける。家賃や駐車場代は無料で、光熱水費は自己負担。受け付けは午前9時~午後6時。入居開始は受付期間終了から約1週間後。入居期間は当面6カ月で最長1年まで更新。応募が多い場合は戸数を増やす。申し込みや問い合わせは、都住宅供給公社(03・3409・4522)。