[PR]

 集英社は17日、西日本を中心とする豪雨で配送に大きな影響があったして、「週刊少年ジャンプ」32号をホームページ上で無料公開した。7月31日までの緊急措置という。

 同社広報部によると、豪雨の影響で、9日発売の32号の配送が大幅に遅れたり、届けられなかったりした地域があった。東日本大震災の際にも同様の対応をしたという。

 週刊少年ジャンプ編集部は「一人でも、多くの皆様に作品をお届け出来ればと思っております。この度、被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます」とのメッセージを掲載した。

 小学館は14日から、「月刊コロコロコミック」7月号(6月15日発売)をホームページで無料公開している。和田誠編集長は「何らかのかたちで子どもたちを元気づけられたら、と考えた」と話している。