熱中症で小1死亡、全校集会で説明 校長は改めて謝罪

[PR]

 炎天下の屋外学習を終えた小学1年の男児(6)が熱中症で死亡した問題で、男児が通っていた愛知県豊田市の市立梅坪小学校は18日午前、全校集会を開き、籔下隆校長が男児が死亡した経緯を説明した。集会後に取材に応じた籔下校長は「(屋外学習は)昨日やらないといけない行事ではなかった。延期や中止を判断せず、申し訳ない」と改めて謝罪した。

 全校集会では男児の命を守れなかったことを謝った上で、「教職員が子どもの命を守ることに全力を尽くすと約束した」という。また、児童に体調不良をすぐに知らせることや、こまめな水分補給を呼びかけた。

 死亡した男児宅には17日夜、籔下校長らが訪問し、母親と祖父に謝罪した。18日午後7時半からは保護者向けに説明会を開く。

 死亡した男児を含む1年生4クラスの計112人は17日午前10時ごろ、校外学習のため約1キロ離れた和合公園に徒歩で向かった。男児は途中で「疲れた」と話したが、担任の20代の女性教諭は手をつなぎ、「頑張ろうね」と声をかけて歩き続けたという。公園で30分ほど、虫捕りや遊具遊びをした後、同11時半ごろ学校に戻った。男児はまもなく意識を失って病院に運ばれたが、死亡した。17日の東海地方には熱中症への注意を呼び掛ける高温注意情報が出されていた。