[PR]

 世界大会で優勝経験のあるジェラート職人の柴野大造さん(43)が、彦根市特産の「彦根梨」を使ったシャーベットのレシピを考案し、彦根市銀座町の専門店「アズーロ」で18日、三日月大造知事らに披露した。

 「アズーロ」は、柴野さんがプロデュースし、今年4月にオープン。柴野さんが世界大会で受賞した作品や、県の特産品の近江茶や県産米「みずかがみ」を用いたものなど、常時十数種類が並ぶ。毎週末に行列ができるなど、3カ月で約2万5千人が訪れた。

 彦根梨は同市石寺町の曽根沼干拓地で、限られた農家だけが栽培。出荷量が少なく「幻の梨」ともいわれる。柴野さんは、彦根梨本来の甘みとうまみをいかすため、水を一切加えず、果汁だけを使用。レモン果汁で酸味を加えて梨の甘みを引き立たせた。試食した三日月知事は「濃厚な甘みと酸味があり、梨のしゃりしゃりした食感も感じる」と話した。

 一般向けには梨が市場に出回る…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら