[PR]

 茨城県の大井川和彦知事は17日、県内の医師不足解消に向け、県立高校と中等教育学校の計5校に医学コースを設ける方針を発表した。2019年度入学生(中等教育学校は後期課程進級生)を対象に、2年生から医学コースの学級を編成する。

 医学コース設置は、同じ目的をもつ生徒を集め、競い合って学ばせることで医学部合格者を増やすのが目的。土浦一、水戸一、日立一の県立高3校と県立の中高一貫校の並木、古河の両中等教育学校に設ける。

 県の構想では、高2進級時に校内で選抜を行い、1校あたり40人程度のクラスを編成する。大井川知事は「5校で計100人の医学部進学」を目標に掲げた。

 5校は病院や大学と連携し、医療現場での体験実習や講演会を高校1年時から開催。医師という職業への理解を深めて使命感を育て、進学を後押しする。予備校とも連携し、面接や小論文の指導を強化する。

 大井川知事は「県内出身の医師は地元に戻ってきてくれる傾向が強いというデータがあり、コース設置に踏み切った。特別扱いしてでも医学部進学者を増やしたい」と話した。

 県教育庁によると、県内の高校の卒業生(浪人生を含む)で今年4月、医学部医学科に進学したのは125人(県立出身55人、私立出身70人)だった。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/