[PR]

 少子高齢化が進んだ平成の間、年金への関心は高まった。限られた財源をどう分かち合うべきか、世代間の折り合いをつける難しさが鮮明になった。制度への信頼を揺るがす運営組織の不祥事も頻発した。(編集委員・浜田陽太郎)

僕らの分は僕らで守る

 2年前、慶応大の学生だった小池豪太さん(22)と金岡弘記さん(23)は驚いた。

 「このままだと、若者から、今の受給者への年金資産の移転が続いちゃう」

 社会保障のゼミで年金制度の成り立ちを勉強した。彼らがまだ小学生だった2004年、日本の年金は大きな転換を遂げていた。

 それまでは一定水準の年金給付…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら