[PR]

 観光庁は18日、今年上半期(1~6月)の訪日外国人客数が前年同期比15・6%増の1589・9万人で、上半期として過去最多だったと発表した。今年1年でみると、過去最多だった17年(2869・1万人)を上回り、3千万人を超える勢いだ。

 国・地域別で最も多かったのは中国で405・6万人(前年同期比23・6%増)。韓国が401・6万人(同18・3%増)、台湾が250・6万人(同9・5%増)と続いた。いずれも同期間で過去最多だったという。

 観光庁の田村明比古長官は「上半期は堅調に推移しているが、下半期には(西日本の)豪雨や大阪北部地震の影響が残る。今後の動向を注視したい」と話した。