[PR]

 元教え子の少女を買春したとして、愛知県警は18日、同県豊川市の市立中学校元臨時的任用講師の小籔(こやぶ)弘尚容疑者(45)=同市八幡町=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕。また、県警は買春行為を巡って、小籔容疑者から金を脅し取ったとして、元教え子を恐喝容疑で書類送検、その知人の少年3人を同容疑で逮捕し、発表した。

 豊川署によると、小籔容疑者は昨年3月18日、愛知県豊橋市内のホテルで、元教え子(16)が18歳未満と知りながら、現金2万5千円を渡してみだらな行為をした疑いがある。

 また、元教え子と知人の少年3人は昨年3月23日、小籔容疑者が勤務する学校内で、「先生、こんなことやっとったらいかんじゃん」などと言って、現金30万円を脅し取った疑いなどがある。

 昨年3月、小籔容疑者が買春をしている様子を、元教え子が撮影。その写真をもとに、元教え子と17~18歳の知人の少年らから約1年間にわたり、総額約140万円を脅し取られていたという。少年らが何度も勤務先の中学校まで金を要求しに来たため、小籔容疑者が今年4月、警察に相談。買春と恐喝事件が発覚。元教え子と少年3人は、いずれも小籔容疑者の勤務先の卒業生だという。

 豊川市教委によると、小籔容疑者は1997年11月に講師として任用され、理科を担当。6月21日付で依願退職した。