[PR]

 サッカーの本田圭佑選手と米俳優ウィル・スミス氏が、共同で米国の新興企業に投資するファンドをつくった。世界の投資家から総額約1億ドル(約110億円)を集める計画で、創業から日が浅く、企業価値の急上昇が見込まれる企業に投資する。証券最大手の野村ホールディングスは18日、このファンドへの出資を発表した。

 ファンドの名称は「ドリーマーズ・ファンド」。本田選手が経営する会社とスミス氏が保有する投資会社が共同で米カリフォルニア州に4月に設立し、活動を本格化しつつある。配車アプリのウーバーなど新興企業への投資実績が豊富なメンバーが投資先を選ぶ。

 本田選手は日本代表としてサッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら