「キャッツ」「ライオンキング」などで日本にミュージカルのロングラン公演を定着させた劇団四季創設者の一人で元代表の演出家、浅利慶太(あさり・けいた)さんが、13日午後5時33分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。葬儀は親族で行い、9月にお別れの会を開く予定。

 1933年東京生まれ。父鶴雄氏は築地小劇場の創立メンバーだった。慶応大学在学中の53年に日下武史らと劇団四季を結成。54年の第1回公演「アルデール又は聖女」(ジャン・アヌイ作)から、ほぼ全作品の演出を手掛けた。

 61年に東京・日生劇場の制作営業担当重役に就任。経営者としての手腕を磨き、四季を「芝居だけで食べられる劇団」にした。

 初期はフランス演劇が中心の演…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら