[PR]

 東京都が2020年東京五輪・パラリンピックを盛り上げるために立ち上げた文化事業「Tokyo Tokyo FESTIVAL」(TTF)で、動画共有サイトを運営する「ドワンゴ」創業者の川上量生(のぶお)氏が統括プロデューサーを辞任したことが18日、分かった。辞任は6月27日付。

 川上氏は朝日新聞の取材に「ドワンゴのスタッフを一切使わないで、プロデューサー業務をするよう都から要請があった」とコメント。「企画の規模を縮小して、事務局のメンバーも公募を行い、なんとか続けられないか努力をしたが、現実的ではないと判断した」と、自ら辞任を申し出たことを明らかにした。

 TTFは小池百合子知事肝いりで、20年4月から半年間、音楽や演劇、メディア芸術などの文化事業を展開する予定。カドカワ社長の川上氏は、昨年11月に統括プロデューサーに就任した。しかし、今年3月の都議会で、自民党都議が小池知事と川上氏の関係を疑問視し、事業の委託先について「小池知事や川上氏の関係者が入ることはないのか」などと追及していた。

 都は、議会での議論を踏まえ、委託先に関係者が入れないようにする見直し案を川上氏に提案していた。辞任については「手腕や発想力、実行力に期待していたが、話し合いの中で川上氏が考えるような事業の実現が難しくなった」と説明。事業は引き続き実施する方針という。