[PR]

 参院議員の定数を6増やすなどの改正公職選挙法は、批判がやまないまま自民、公明両党の賛成多数で成立した。自民は国会終盤に数にまかせて一気に成立させ、その国会運営の強引さを改めて印象づけた。

 18日の衆院本会議の採決では法案を提出した自民から造反者が出た。船田元氏は採決直前、本会議場を退席。報道陣の問いかけに答えなかったが、自身のフェイスブックで定数増や拙速な手続きを批判し、「賛成することは難しく、やむなく棄権する」と記した。

 自民で造反した議員は船田氏だけにとどまったが、党内には若手を中心に「定数増は国民の理解を得られない」との異論もあった。当初、法案に慎重な考えを示していた小泉進次郎・党筆頭副幹事長は賛成票を投じたが、野党からブーイングを浴びた。採決後、小泉氏は「党の決定に従って賛成票を投じたが、改めて国会改革をやらなければいけないとの決意を新たにする意味での賛成だ」と記者団に語った。

 一方、合区対象県の議員からは評価する声が上がった。鳥取選出の石破茂・元幹事長は「本当にやむを得ない、緊急、異例の措置として理解している」と指摘。島根選出の竹下亘総務会長は「定数増と言われるが、人口が少ない所は切って良いという議論とどっちが大事かを我々はもう一回問いたい」と語った。

 野党は一斉に怒りの声を上げた。国民民主党の玉木雄一郎共同代表は「自民党の自民党による自民党のための6増法案。天下の悪法」と不満をぶつけ、立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は「自民党の横暴極まれりだ」と批判した。

 定数減を求める日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「人口が減る中で国会だけが定数を増やすのは全く納得できない。『国破れて議員あり』という状況を迎えるのでは」と語った。(久永隆一、河合達郎)

「熟議なく残念」

 改正公職選挙法の成立を受け、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら