今も残る女性性器切除、30カ国で 「レイプと同じ」

有料会員記事

カイロ=北川学
[PR]

 アフリカや中東を中心に女性性器切除の因習が残っている。命を危険にさらすもので、各国で根絶に向けた取り組みが進む。だが紀元前からの歴史があるだけに、人々の意識にはなお深く根を張っている。

女性性器切除

外性器の一部を切り取るもので、女子割礼とも呼ばれる。国連児童基金ユニセフ)の2016年の資料によると、アフリカや中東を中心に30カ国で少なくとも2億人が経験。手術中の大量出血で死亡したり、感染症にかかったりする恐れがある。人権侵害として12年には国連総会で禁止する決議が採択された。各国が根絶への取り組みを進めている。

 「痛かった。殺されると思った。大きな屈辱。レイプと同じだ」。カイロの地元紙記者ラバーブ・アゼムさん(27)は話しながら右手で自分の首を切るしぐさをした。中学生だった13歳の時に受けた切除手術の苦しみを今も忘れない。

 カイロから北西に約70キロ離れたメノフィア県の祖父宅で夏休みを過ごしていた時だ。「結婚式に行く。シャワーを浴びて」と叔母に声をかけられた。浴室を出ると、2歳年下の妹、2人のいとこと一緒に車に乗せられた。

 着いた先は民間診療所。何の説明もないまま、手術台と机しかない8畳ほどの部屋に通された。台上で叔父と叔母ら4人に手足を押さえつけられた。30分ほど泣いて暴れたが、かなわなかった。

 妹と2人のいとこも手術を受…

この記事は有料会員記事です。残り1747文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら