拡大する写真・図版 連日の暑さの中、水を霧状に噴射する「ドライミスト」の下を歩く人たち=2018年7月19日午後、東京都港区の六本木ヒルズ、北村玲奈撮影

[PR]

 猛烈な暑さが続く中、19日も各地で気温が上がっている。気象庁によると、午後0時40分までに、大阪府豊中市で38・6度、大分県日田市で38・1度、佐賀市で37・9度、京都市中京区などで37・8度を観測。正午までに全国の90地点で最高気温が35度以上の猛暑日に、606地点で30度以上の真夏日になっている。

 19日の最高気温は京都府で39度、大阪府と奈良県で38度、岐阜県と愛知県で37度などと予想されている。

 気象庁は東日本から西日本にかけての40都府県に、最高気温が35度以上になりそうだとして高温注意情報を発表。不要な外出を避けるなどして健康管理に注意するよう呼びかけている。