【動画】音楽配信サイトを立ち上げたことへの思いを語る歌手のASKAさん=山本裕之撮影
[PR]

 歌手のASKAさん(60)が11月にライブ活動を再開する。覚醒剤や合成麻薬を使った罪などに問われ、有罪判決を受けて4年。「歌うことに喜びを感じている。いろいろあったが、いまは最高のステージを見せるだけです」と決意を新たにしている。

 「CHAGE and ASKA」で1979年にデビューした。オリジナル楽曲の高い音楽性と伸びやかな歌声で人気を集め、ヒット曲を連発してきた。

 だが2014年、覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で懲役3年執行猶予4年の有罪判決が確定した。CDやDVDは出荷停止され、店頭から消えた。多くのスタジオも使えなくなった。「八方ふさがりで、もう立ち上がれないと思った。ただ、また歌うんだとの思いは強く持っていた」

 昨秋、音楽配信サイト「Weare」を立ち上げた。楽曲を高音質なハイレゾ音源で安く提供する一方で、音楽家へ高い配当金を還元することを理念に掲げた。いまは新しいシングル「イイ天気」「修羅を行く」などを配信している。

 アルバムも2枚出し、3月から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら