[PR]

 パソコンで楽曲の制作や編集ができる音楽作成ソフトのコピーを作成し、インターネットオークションに出品したとして、大阪府警は19日、無職の鹿島剛容疑者(29)=横浜市港北区=とアルバイトの広岡諒(りょう)容疑者(29)=東京都世田谷区=を著作権法違反(公衆送信権の侵害)と不正競争防止法違反容疑で逮捕し、発表した。鹿島容疑者は「全く知らない」と容疑を否認。広岡容疑者は容疑を認め、「1人で販売した」と供述している。

 サイバー犯罪対策課によると、2人は昨年10~12月、大阪市の会社が著作権を持つ音楽作成ソフトのコピーを無断で作成し、不特定多数に販売する目的で出品した疑いがある。同課は押収したパソコンの記録などから、2人が同様の手口で音楽作成ソフトの著作権者約100社に1億円以上の損害を与え、約2千万円の収益を得たとみている。