[PR]

 西日本豪雨災害の支援の受け付けなどは、以下の通り。

【募金】

愛媛県豪雨災害義援金(被災市町を通じて被災者に配分する。9月28日まで受け付ける)

・伊予銀行 愛媛県庁支店(普)1769828「愛媛県豪雨災害義援金」

・愛媛銀行 県庁支店(普)5369532「同」

・愛媛県信用農業協同組合連合会 愛媛県庁支店(普)0003012「同」【国民年金の保険料免除】

・豪雨で被災し、国民年金の保険料の納付が難しいときは、保険料の免除を受けられる場合がある。

 日本年金機構によると、住宅や家財、田畑などの被害金額が価格のおおむね2分の1以上の場合に適用される。罹災(りさい)証明書を添えて申請するが、罹災証明書がなければ、年金事務所に備えている被災状況を書き込む用紙で申請できる。免除の申請は市町村でも受け付ける。保険料の免除分に応じて、受け取る年金額は減るが、免除された保険料を後で追納すれば減額を避けることができる。

 免除の申請やその他の年金の相談には、年金手帳など基礎年金番号が確認できる書類や、本人と確認できる免許証などが必要。今回の豪雨で紛失している場合について、日本年金機構は「可能な範囲で本人と確認できそうな書類などを持ってきてもらえれば、柔軟に対応したい」としており、個別相談に応じる。