[PR]

 厳しい暑さは19日も続き、全国927の観測地点のうち、206地点で最高気温が35度以上の猛暑日となった。

 気象庁によると、19日の最高気温が全国で最も高かったのは京都市中京区の39・8度。熊本県菊池市は38・8度、山口市は38・7度で、いずれも観測史上最高と同じか、上回った。暑さは7月下旬まで続くとみられる。

 熱中症が原因とみられる死者も相次いだ。

 福岡市南区の住宅で18日夜、「家族が自宅で倒れている」と119番通報があり、60代女性の死亡が確認された。部屋の冷房はつけられていなかったという。19日昼には岡山県総社市で草刈りをしていた男性が死亡。愛媛県では大洲市の青島沖で底引き網漁をしていた男性(66)と、自宅近くの畑で倒れていた八幡浜市の80代男性が死亡した。

 東京消防庁は、18日の管内(稲城市と島嶼(とうしょ)部を除く都内)の1日あたりの救急出動は3036件で、2日連続で過去最多を更新したと19日に発表した。17日は2900件で、救急業務を始めた1936年以降の最多を記録したばかりだった。

 東京都教育委員会は19日、エアコンがない体育館では終業式を控え、空調が利く教室などで実施するよう都立高校に通知した。多くの高校が20日に終業式を予定しているが、都教委の担当者は「体育館は相当暑くなりそうなので、生徒の健康を一番に考えた」と話す。