[PR]

 西日本豪雨で肱(ひじ)川が氾濫(はんらん)し、3千戸が浸水した愛媛県大洲(おおず)市。川沿いに885人が住む三善(みよし)地区は約60戸が床上浸水し、2メートルほどつかった家もあったが、取り残された人はいなかった。高齢者も含めて、素早く避難できた理由の一つは、あるカードにあった。

 激しい雨の中、三善地区に避難勧告が出たのは今月7日午前7時。地区内にはサイレンや防災無線のアナウンスが鳴り響き、避難場所に指定された公民館には、続々と人が集まり始めた。

 一人暮らしの白石志真子さん(86)は、公民館から歩いて数分のところに住む。「近いからまだ大丈夫かな」と迷っていると、「逃げなあかんよ!」と近所の数人から声をかけられ、急いで準備した。

 勧告は午前7時半には避難指示に変わった。そのころ、川の上流にある鹿野(かの)川ダムで緊急放流が始まり、下流で氾濫が起きた。三善地区では午前9時50分に近くの堤防で越流が始まったが、それまでにほとんどの人が避難を終え、死傷者は1人もいなかった。

 避難するとき、白石さんが首にかけたのが「災害・避難カード」。名前や生年月日、緊急時の連絡先や持病などを書く欄があり、避難所で名札代わりになる。負傷や病気で話せない状態になったときにも、このカードがあれば親族らに連絡することができる。避難時にカードを身につけるのは地区のルールだ。

 地区の災害・避難カードは、もう1種類ある。全世帯に配布されるA3判のもので、地図上に危険なエリアが示され、通るべき避難路や、近所で避難が難しそうな高齢者の自宅などを自分で書き込んでおく。

 会社員の松田千与さん(50)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら