[PR]

 7月第3月曜日の祝日である「海の日」を当初の「7月20日」に戻すよう求める動きが自民党内で出始め、ハッピーマンデーによる3連休を維持すべきだとする意見と対立、綱引きになっている。2021年以降にどうなるか。攻防はしばらく続きそうだ。

 1996年から海の日は毎年7月20日の祝日となったが、「ハッピーマンデー」導入で2003年に7月第3月曜日に変更。東京五輪がある20年は、観光客の増加などによる首都圏の交通混雑を緩和するため、開会式前日の7月23日になることが決まっている。

 もともと海の日は、明治天皇が1876年7月20日に東北巡幸から横浜港に帰港したことに由来。所功・京都産業大名誉教授の著書によると、明治天皇が汽船での旅を無事終えたことで、汽船の安全性に対する疑念が払拭(ふっしょく)され、日本で海運や船旅が盛んになる契機になったという。

 この7月20日にこだわるのは、祝日にする際に旗振り役だった海事振興連盟だ。所属する国会議員は約380人で、名誉顧問は安倍晋三首相。保守色が強い首相出身の自民党細田派が主導し、同派の衛藤征士郎元衆院副議長が会長を務める。「歴史の重さを踏まえ、毎年7月20日に戻すべきだ」と主張。日本船主協会も「海の日は海洋国日本の繁栄を願う趣旨で制定された」と固定化を求める。

 東京五輪に伴う20年の祝日移…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら