[PR]

 昨年11月の全日本実業団対抗女子駅伝で優勝したユニバーサルエンターテインメントのメンバーだった元選手にドーピング違反が判明し、個人の成績が失効されたのを受け、日本実業団陸上競技連合は19日、チームの優勝を剝奪(はくだつ)し、2位のパナソニックが繰り上がりで優勝すると発表した。パナソニックの優勝は初。

 同日、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が明らかにしたところによると、ドーピング違反した選手は5区を走った中村萌乃(28)で、レース当日の昨年11月26日から1年3カ月の資格停止処分が科せられた。中村は3月に退社、すでに競技も引退している。

 JADAによると、レース後の検査で採取した検体から、たんぱく同化薬に該当し、筋肉増強効果がある禁止物質メテノロンが検出された。大会の約2カ月前に、手術した婦人科系の病気の治療目的で受けた注射に含まれていたという。

 本人は医療行為で意図的ではないと主張したが、治療時に自らが検査を受ける対象の競技者という事実を医師に申告しなかった点など、注意を怠った事実は残り「過誤または過失が全くなかったということはできない」と判断された。

 ユニバーサルエンターテインメントは、2000年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子らを育てた小出義雄氏が代表を務める佐倉アスリート倶楽部に指導業務を委託している。

 日本実業団陸上競技連合は、個人の登録停止と、再発防止策を明記した文書が受理されるまでは、同連合主催の駅伝大会へのチームの出場停止処分も決めた。 ユニバーサルエンターテインメント、佐倉アスリート倶楽部ともに、「二度と違反者を出すことのないよう、教育を見直し、徹底して参ります。関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたこと、あらためて深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

こんなニュースも