[PR]

 神奈川県秦野市の山林に放置されたスーツケースから昨年7月、中国籍の姉妹が遺体で見つかった事件で、殺人罪などに問われた岩崎竜也被告(40)の裁判員裁判の判決公判が20日、横浜地裁であった。青沼潔裁判長は「強固な殺意は明らかだが、特別残虐とは言えない。ずさんな行動に終始し、犯行は綿密ではない」として、懲役23年(求刑死刑)を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

 判決によると、岩崎被告は昨年7月6日、横浜市中区のマンションの一室に侵入し、この部屋に住む飲食店従業員の陳宝蘭さん(当時25)と妹の専門学校生、陳宝珍さん(当時22)の首を絞めて殺害したうえ、7日に遺体をスーツケースで運び出し、秦野市の山林に遺棄した。

 弁護側は無罪を主張したが、青沼裁判長は「防犯カメラの映像などから、犯行時間帯に部屋に出入りしたのは、被告だけだった」として、被告が犯人であると認定した。

 横浜地検の山口英幸次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議し、適切に対応したい」とコメントを出した。