【動画】将棋の藤井聡太七段、16歳最初の公式戦、始まる=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)が20日、大阪市福島区の関西将棋会館で、森下卓(たく)九段(52)と対局している。第77期将棋名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)で、19日が誕生日だった藤井七段にとって16歳になって最初の公式戦だ。

 本局は午前10時に始まった。持ち時間は各6時間で、終局は夜になる見通し。

 今期C級1組順位戦には計39人の棋士が参加。6月から来年3月まで、各10局指し、上位2人が一つ上のB級2組に昇級できる。

 1回戦の本局は本来、6月19日に予定されたが、大阪府北部を震源とする地震の影響で延期されていた。

 森下九段は名人戦で挑戦者になるなどの実績があるベテラン。藤井七段は2回戦の豊川孝弘七段(51)との対局を7月3日に終え、111手で勝っている。(佐藤圭司)