[PR]

「健康で文化的な最低限度の生活」主演 吉岡里帆(25)

 肩をすぼませ、ストローでウコン入りのジュースを飲む姿が愛らしくて、思わずうどんのCMがダブる。耳をつけてキツネに化けたかと思えば、車のCMではちびまる子ちゃんに変身。今期の連続ドラマでは打って変わり、生活保護受給者と向き合うケースワーカーになる。

 「健康で文化的な最低限度の生活」で、主人公の義経えみるを演じる。安定と平凡を求めて公務員になったはずが、区役所生活課に配属され、受給者それぞれの人生と向き合うことに。命を守る「最後の砦(とりで)」として支援に奔走する。

 タイトルは、人間が人間らしく生きる権利をうたう憲法25条の一節だ。賛否両論ある生活保護制度がテーマなだけに、はじめは「自分がこの問題をどこまで表現できるんだろう、どこまで受け入れてもらえるんだろうっていう不安があって、挑戦するか迷った」。

 思い出したのは、3年前に映画…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら