[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念滋賀大会は16強が出そろい、21日から頂点をめざした戦いが始まる。シード校の比叡山、近江、近江兄弟社、綾羽のほか、昨夏の滋賀大会を制した彦根東も勝ち上がっている。暑さ対策のため、県高野連と朝日新聞社は20日、3回戦以降の日程を変更すると発表した。

 県高野連によると、21、22両日に各4試合を予定していたが、21~24日に2試合ずつ行う。これに伴い、準々決勝4試合は25日、準決勝2試合は27日で、第1試合の開始はいずれも午前8時半、決勝は28日午後3時の予定。いずれの試合も皇子山球場である。(石川友恵)

     ◇

 22日以降の3回戦の日程は以下の通り。(一塁側―三塁側)

 22日①綾羽―膳所②守山北―立命館守山▽23日①近江―甲西②八幡工―八幡商▽24日①近江兄弟社―伊吹②彦根東―大津商

こんなニュースも