フィギュアスケート男子で2014年ソチ冬季五輪で銅メダルを獲得したデニス・テン選手(25)=カザフスタン=が19日、同国のアルマトイの路上で強盗に遭い刺殺された。地元メディアの「KAZINFORM」などが報じた。

 報道によると、事件は午後3時(日本時間同6時)ごろ起きた。男2人組とみられる強盗が、テン選手の車からミラーを盗もうと試みたのが発端。口論が次第に激しさを増し、最後はナイフでテン選手が刺されたという。通りかかった人が救急車を呼んだが、太もも上部から大量に出血しており、すでに意識はない状態だったという。緊急搬送された病院で、2時間にわたって蘇生措置が施されたが、午後5時半に死亡が確認された。警察が逃げた2人の行方を追っている。

 カザフスタンのスポーツ界をリードしていたテン選手の死は大きな衝撃を与えており、カザフスタンのほかロシアメディアも速報で伝えた。また、カザフスタンのアリスタンベク・ムハメディウリ・スポーツ文化相は「偉大なフィギュア選手で、我が国のスポーツ界の伝説であるデニス・テンが亡くなった。みんな彼を愛し、尊敬していた」と早すぎる死を悼んだ。

 10年バンクーバー五輪銅メダリストで、テン選手と親交が深かった高橋大輔さんは、自身のインスタグラムにテン選手の笑顔の写真を投稿。「デニス…本当言葉が見つからない。誰にでも優しかった人がどうして。まだまだこれからだったのに。信じられない」と悲しみをつづった。

 トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんは「本当に信じられない…悲しい…心よりご冥福をお祈り致します」とツイッターでコメントした。

 エフゲニー・プルシェンコさん(06年トリノ五輪で金メダル)らを育てたことで知られるロシアのコーチ、アレクセイ・ミーシン氏はノーボスチ通信の電話取材に「デニスは立派な人間、輝けるフィギュアスケート選手、すばらしい息子、同僚として、私の記憶と全フィギュアスケート界の記憶に残る」と語った。