プーチン大統領、今秋訪米で調整 トランプ氏が招待

ワシントン=杉山正
[PR]

 米ホワイトハウスのサンダース報道官は19日、トランプ大統領がロシアのプーチン大統領を今秋にワシントンに招待して会談する方向で調整していることを明らかにした。トランプ氏は既にボルトン大統領補佐官に対応を指示しているという。

 トランプ氏は今月16日にプーチン氏とフィンランドのヘルシンキで会談。2016年の米大統領選にロシアが介入したとされる問題をめぐり、共同記者会見で「プーチン大統領がやっていないと言っている。ロシアがやる理由が見当たらない」と発言。米情報機関は介入を断定しており、野党だけでなく、与党からも批判が出たため、「言い間違えた」と発言の修正を余儀なくされた。

 トランプ氏は19日、「ロシアとの首脳会談は大きな成功だった」とツイートし、「成功」と報じないメディアに「真の国民の敵であるフェイク(偽)ニュースのメディア」と矛先を向けた。その上で「2回目の会談を楽しみにしている」として、核拡散問題やサイバー攻撃ウクライナ、中東和平などを議題にあげた。

 一方、米情報機関トップのコーツ国家情報長官は19日のコロラド州でのイベントでロシアの選挙介入について「否定できるようなものではない」と強調。コーツ氏は16日の首脳会談の直後に選挙介入を断定し、「ロシアが今も我が国の民主主義を広範にむしばもうとしていることは明らかだ」とし、トランプ氏の発言に反対する異例の声明を発表している。

 コーツ氏はイベントで「私は自分の仕事をしたまでだ」と指摘。一部メディアはトランプ氏の側近の話として、コーツ氏解任の観測も出ていると報じた。(ワシントン=杉山正)