[PR]

東京成徳大高・森田正裕監督

 三回と六回に東海大高輪台に集中打され失点。再三の好機に後続が断たれた。「弱いチームからスタートして強豪校を焦らせる試合ができた。3年生、この悔しい思いはこれからの自分の人生で晴らしていけ。お前たちとやれてよかった」=19日、江戸川区

明大中野・岡本良雄監督

 七回、安田学園に対し四球や二塁打に失策なども絡んで4失点し勝ち越された。「負けて悔しいのは最後まで必死にやった証し。勝たせてあげられなくて申し訳ない。九回に1点を取ってくれたのはうれしかった。下級生はあの執念を目に焼き付けておけ」=20日、神宮第二

昭和・大原博文監督

 シード校を相手に、五回を終わって2―3の接戦に持ち込んだが、惜敗。「5点以内に抑えろという指示通りに戦ってくれた。それ以上に点を取らせてあげられなくて、監督の力不足。いいチームを指導できて幸せだった」=20日、府中市民

高島・島修司監督

 終盤に逆転勝ちするなど3勝し、挑んだ5回戦では小山台に1―10で七回コールド負け。「力の差はあっても、ワンチャンスでひっくり返るというのを君たちは経験してきた。最後まであきらめないでやってくれた」=20日、神宮

江戸川・橋本康徳監督

 チームをリードしてきた投手陣が昨夏の覇者・二松学舎大付を止められず、コールド負け。「試合では負けたけど、ここが人生の岐路になって、勇気と力を持って、自分の進路実現に向かっていけると思う」=21日、神宮