[PR]

 総務省が20日発表した6月の消費者物価指数(2015年=100)は、生鮮食品を除く指数が前年同月より0・8%上昇して101・0だった。上昇は18カ月連続。原油価格の高騰を背景に、ガソリンや灯油などエネルギー関連が高騰したことが大きい。ビール各社が今春、業務用ビールを値上げしたことを受け、外食のビールも高くなった。

こんなニュースも