[PR]

 暑い盛りで川や海へ出かけることも多くなるこの季節、気をつけなければいけないのが水難事故だ。静岡県内での昨年7~8月の水難事故発生件数は、全国ワースト5位。県外からの観光客や外国人に向けた対策も課題となっている。

 行楽シーズンを目前に控えた7月26日、静岡市内を流れる安倍川で駿河消防署が救助訓練を行った。大学生4人が中州でバーベキューをしていたところ、急な増水で2人が流され、2人が中州に取り残されたと想定。水難救助隊や消防隊などの連携の下、ボートを使ったりロープを投げたりして4人を無事救助した。

 指揮した同消防署の川岸裕明警備担当課長は「川辺でバーベキューをしても、お酒を飲んだら絶対に川に入らないでほしい」と話した。川や海の流れがある場所は、救助者にとってもリスクが高いとされる。

 同消防署では、署員の安全を確…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら