[PR]

 日本で化石や恐竜ブームの先駆けとなったフタバスズキリュウ(和名)が福島県いわき市で発見されて今年で50年を迎える。この間、アニメにも登場し、研究によって新属新種と分かって「フタバサウルス・スズキイ」の学名も付いた。日本一有名な化石の歩みは高校2年生の探究心から始まった。

 貴重な化石を発見したのは、子どもの頃から科学好きだったいわき市の鈴木直(ただし)さん(67)。中学生の時に地層や化石の本を読み、同市大久町に中生代白亜紀の地層があることを知った。他の論文には化石の報告もあり、「化石はもっとあるはずだ」。自転車で通い、地層を特定しながら化石探しをした。

 平工業高2年生だった1968年の秋。大久川の河岸に茶色いものを見つけた。「植物の化石かな」。掘ってみると「背骨だった。まだ奥に伸びていた」。以前から手紙のやりとりをし「一緒に研究しよう」と言ってくれていた国立科学博物館の小畠郁生博士に手紙で知らせた。

 同博物館で本格的な発掘調査をしたところ、海にすむ大型の爬虫(はちゅう)類クビナガリュウの頭部や脊椎骨(せきついこつ)など全身の7割の化石が出てきた。見つかった地層「双葉層群」と鈴木さんの名前からフタバスズキリュウと名付けられた。

 恐竜時代の海生爬虫類で全身が分かる化石の発見は、「日本でもこんな化石が出るんだ」と研究者をも驚かせ、化石や恐竜ブームの火付け役となり、アニメ「ドラえもん」の映画「のび太の恐竜」に登場。広く愛される存在となった。

 発見から38年の2006年、頭骨や胸部、ヒレなどに他にはない特徴がある新属新種という論文が発表され、正式な学名が付いた。

 学名を付けた研究者の一人で、東京学芸大の佐藤たまき准教授は「クビナガリュウの化石は他でも見つかっているが、種が特定できるのはフタバサウルス・スズキイが唯一の標本。日本では突出して有名だ」。

 鈴木さんの人生にも大きな影響…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら