動物体内でヒトの臓器作成に道 文科省部会が指針了承

有料会員記事

戸田政考
[PR]

 動物とヒトの細胞を持った「動物性集合胚(はい)」の取り扱いについて、文部科学省の専門部会は20日、より幅広い基礎研究ができるように指針を改正することを了承した。今後、内閣府の専門会議で認められれば、動物の体内でヒトの臓器を作る研究に道が開ける。

 動物性集合胚は動物の受精卵が成長した段階の胚にヒトの細胞を入れたもの。国は2013年、動物の体内でヒトの臓器を作る基礎研究を認める見解をまとめており、文科省が指針改定に向けて技術面や倫理などの観点から検討してきた。

 これまで、動物性集合胚を動物の子宮に移植し、子どもを産むことはできなかったが、指針の改正によって可能になる。

 特に進むとみられるのが、動…

この記事は有料会員記事です。残り379文字有料会員になると続きをお読みいただけます。