[PR]

 タイの発電所事業を巡る現地公務員への贈賄事件で、東京地検特捜部は20日、事業を実施した大手発電機器メーカー「三菱日立パワーシステムズ」元取締役の内田聡容疑者(64)ら3人を不正競争防止法違反(外国公務員への不正利益供与)の罪で在宅起訴し、発表した。特捜部は同社と、捜査協力の見返りに起訴を見送る司法取引に合意しており、法人としての同社は不起訴処分とした。

 6月に司法取引制度が導入された後、適用は初めて。他の2人はいずれも同社の元執行役員兼調達総括部長、錦田冬彦容疑者(62)と元調達総括部ロジスティクス部長、辻美樹容疑者(56)。

 発表によると、内田元取締役ら3人は2015年2月中旬ごろ、タイの発電所建設で起きたトラブルを解決するため、タイの運輸省港湾局幹部に約4千万円の賄賂を渡したとされる。

 関係者によると、内田元取締役…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら