[PR]

 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の伊達寛社長は20日、人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんに会い、昨年1月に放送した「ニュース女子」で真実性や人種、民族に関する配慮を欠いた表現があったとして謝罪した。「深く傷つけたことを深く反省し、おわびいたします」と伝えたという。

 面会後に辛さんは弁護士らと記者会見を開き「謝罪は受けましたが、和解ではありません。謝罪を受けるにあたり、ものすごい葛藤がありました」と述べた。番組を制作し今もネットで無料配信しているDHCテレビジョンの責任は、より大きいとも指摘。近く配信停止と損害賠償を求め、同社と番組の司会をしたジャーナリストの長谷川幸洋氏を提訴する考えを明らかにした。当時、東京新聞の論説副主幹だった長谷川氏がデマを広めたことを重要視したとしている。

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は今年3月、番組が辛さんについて「過激で犯罪行為を繰り返す基地反対運動を職業的にやってきた人物でその『黒幕』である」などの「事実」を提示したが、真実性がなく名誉毀損(きそん)の人権侵害にあたると認定。人種や民族を取り扱う際の配慮も欠いたと指摘していた。