[PR]

 プロ野球の広島東洋カープが西日本豪雨後初めて本拠マツダスタジアムで試合を行う20日、広島と対戦相手の巨人の選手、監督、審判員らが、被災地へ送る義援金の募金活動を試合前に行った。

 募金箱にはカープ伝統の「たる」が登場。緒方孝市監督は「広島だけではなく、西日本が大きな被害にあった。亡くなられた方や不安の中で避難生活をされている方がたくさんいる。微力ではあるが、野球界全体として力になれるようにとの思いです」と話した。広島の会沢翼選手会長は「カープらしい戦いで、元気になってもらえるようにしたい」と活躍を誓った。

 今回の災害で甚大な被害をうけた広島県に本拠を置く広島は、9日からの阪神との3連戦を中止していた。

日本ハムもソフトバンクも

 日本ハムは20日、札幌ドームでのソフトバンク戦を前に、西日本豪雨の被災地支援のための募金活動を行った。日本ハムは栗山監督とキャプテンの中田、選手会長の中島に西川、ソフトバンクは工藤監督と中田、千賀の両投手が参加した。

 福岡出身の中島は「ニュースでよく見ている。甚大な被害が出ているので、少しでも力になれれば」。募金箱は、このカード中、札幌ドーム場内(南・北総合案内、北ゲート2前)に開場から試合終了まで設置されており、21、22日も日本ハムの選手が北ゲート2で来場者に協力を呼びかける。