[PR]

 (20日、高校野球西東京大会、日大鶴ケ丘19―15明大中野八王子)

 ダイワハウス八王子の第2試合は4時間を超える熱戦となった。五回途中で、試合開始から2時間が経過。熱中症対策のため、球場担当の東京都高野連関係者の判断で、この回終了後に5分間の休憩時間が設けられた。関係者は「応援の生徒や観客のことも考えての判断だった」と話した。

 また、この試合で両チームあわせて与えた四死球は41個。試合後、勝利した日大鶴ケ丘の萩生田博美監督は「(四死球)30個弱は経験しましたけど、ここまではないですね」と苦笑した。=ダイワハウス八王子(滝口信之)

こんなニュースも