[PR]

 2017年の日本人の平均寿命は女性が87・26歳、男性が81・09歳で、いずれも過去最高を更新した。20日に厚生労働省が発表した「簡易生命表」で明らかになった。

 前年比で、女性は0・13歳、男性は0・11歳延びた。がん、心疾患、脳血管疾患などの死亡率が改善したことが影響した。仮にこの3大死因で亡くなる人がいなくなると、女性で5・61歳、男性で6・81歳延びるという。厚労省の担当者は「健康意識の高まりや生活習慣の改善が結果に表れている。医療水準の向上などで、今後も延びる可能性は十分にある」と話す。

 厚労省は各年齢での死亡率などから、平均であと何年生きるかという「平均余命」の見込みを推計。0歳児の平均余命が平均寿命になる。

 厚労省が把握する50の国・地域で比べると、女性は3年連続の世界2位、男性は前年の2位から3位に下がった。1位は男女とも香港で、女性は87・66歳、男性は81・70歳だった。(西村圭史)

平均寿命の上位5カ国・地域

〈女性〉

香港       87・66歳

日本       87・26歳

スペイン     85・84歳

韓国       85・4歳

フランス、スイス 85・3歳

〈男性〉

香港       81・70歳

スイス      81・5歳

日本       81・09歳

ノルウェー    80・91歳

スウェーデン   80・72歳

(厚生労働省の資料から。日本は2017年。他は一部16年も)

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/